本文へ移動

釜神様

釜神様

釜神は、火を扱う「かまど」を大切にし『火の守り神』『魔よけの神』として木や壁土でいかめしい面を作り祀られた。
釜男、釜神様、火男とも呼ばれ、宮城県北部から岩手県南部地方にみられる風習である。
大崎地方では、新築の記念に棟梁が「栗」「松」「欅」などを用いて彫った物を寄贈するのが習わしであった。

株式会社興建ハウジング
宮城県大崎市三本木蟻ヶ袋
字北川原上3-3
TEL.0229-52-5011
FAX.0229-52-5012


1.一般住宅の新築工事

2.一般住宅の増改築工事
3.一般住宅のリフォーム工事


宮城県知事許可
建築工事業  大工工事業
(般-28)第16308号


 
3
4
3
0
4
2
TOPへ戻る